Now Loading...

Now Loading...

​ 第2回 自由な発想は規則の中から:ツイッターをビジネスにつなげるには

img_3650

こんにちはガルガリオンです(@Garugarion)
最近のお昼ご飯は牛乳の500mlパックとそれに溶かすグラノーラです。
そうです、これが女子力です。
【連載】ツイッターをビジネスにつなげようシリーズ第2弾いきますぞ

▼過去記事
第1弾:毎日コツコツ続けること

▼目次

はじめに

前回の記事で
・webサイトを作ったからといっていきなり商品がバカ売れすることはありえない
・twitterを使用して自社をPRしていくには、毎日コツコツ続けることが大切
と言うことをお伝えしました。
今回は毎日続けられる方法について書いていきます。

自社の企業理念を理解する

会社で「君、会社のツイッターで、なんでもいいから情報発信してよ」とか「うちの会社のPRになることをツイッターで拡散させてよ」みたいな無茶振りはよくあると思います。

「なんでもいい」って言ったって何つぶやけばいいんだよ!ってなるし、PRになることばっかりつぶやいてても全然拡散しません。

僕たちは自由を愛し、自由を求めますが、自由にしていいよって言われるほど、発想できません。
皮肉にもある程度の規則があると発想はすぐ浮かんできます。
なんという二律背反…

そこで発想を与えてくれる規則が「企業理念」です。
まずは自社の「企業理念」をしっかり読み直してみましょう。
▼例

  • 「焼肉を通して感動を売る」
  • 「「飲み物」を進化させることで。「みんなの日常」をあたらしくしていく」
  • 「地球上で最もお客様を大切にする企業であること」

ほんの一例ですが、それぞれの企業が独自の理念を掲げています。
この企業理念を元にツイートを考えて行きます。
が、その前にツイッターというメディアの特性をみておきましょう。

twitterと言うメディアの特性

twitter02-2

企業がSNSを活用してビジネスにつなげるには、ユーザーにファンになってもらうことが重要です。

ツイッターは匿名で利用している人が多く、投稿内容もカジュアル。
投稿においては、親しみやすさを重視しています。

もし、複数人でツイッターアカウントを運用する場合は、マスコットキャラクターを設定し、そのキャラクターがツイートを行っているという体裁を取り、誰が担当してもキャラクターが崩れない仕組みづくりが必要です。
このほかにも投稿する時間、ユーザーの年齢層、などいろいろな要素がありますが、長くなってしまうので、ひとまずおいておきます。

ツイッターでは、カジュアルで親しみやすい投稿をしていきましょう。

目的を決める

企業理念も確認したし、ツイッターの特性もわかった! いざツイート!という方! 一旦落ち着いてください。
企業理念だけではなかなかツイートの発想ができない(少なくても僕は…)ので、せっかくなので目的を設定しましょう!
(ここから僕のキモい部分が出てきます、できれば目をそらしていただいて…)

僕のツイッターの個人アカウントは、
企業理念:世の中の面白さに気づいてもらう(いや、企業じゃないんだけどね)
という考え方を元に「電車でスマホをみている疲れたサラリーマンに少しだけ笑顔になってもらう」ということを目的にしています。

企業アカウントの場合、目的は直接購入につなげる、ブランドを認知してもらうなどがあると思います。
それでもいいのですが、せっかくツイッターを利用するので、もっと「のめり込んだ目的」を設定した方がユーザーに届きます。
例えば
「ドライフルーツという商品を通して優しさとは何かについて伝える」
「炭酸水を通してこの世に絶対的に正しい物はないけど、それでも生きなきゃいけないから頑張ろうみんな」
「メガネを通して人間の目に映るものはほとんどが偽りで、真実を見極めるにはどうすればいいのか伝える」
などなど…このくらい「のめり込んだ目的」を持ったらツイート内容は1日1つは浮かんでくるでしょう。
(日常的にポエマーになる危険性がありますので、用法・容量は守ってお使いください)

まとめ

twitter02-3

ツイッターというメディアの特性を理解し、企業理念・目的を設定してすればツイート内容に頭を悩ませる時間は格段に減ります。
(さらにペルソナも設定すればさらにユーザーに届きやすいツイートができます)
さああとはひたすらツイートを書くだけ!
ですが、肝心のフォロワーが全然伸びない! という方のために次回はフォロワーさんの増やし方について書いていきます!

さあ、毎日ツイートして世の中にはびこる不平不満をこの世からなくすために立ち上がり、行き交う人の沈んだ顔を少しでも上に上げるために僕たちは頭を悩ませ、そして成長して自分の企業にその成長を還元させて会社のり文字数

2016年9月28日 9:05 PM  カテゴリー: marketing, twitter